新しい自分に変身【ほくろ除去で美顔に近づこう】

ほくろの様々な治療法

女性

ほくろの除去方法

ほくろ除去の方法にはいくつか種類があります。まず一つ目はほくろクリームです。ほくろクリームは皮膚科や美容外科での治療というよりは家庭で行う治療方法です。ほくろクリームの取扱は日本で行ったおらず主に台湾の方が民間療法として広く浸透しています。ほくろクリームの使用方法はまずほくろにクリームを少量塗り、一・二週間ほど経つとほくろがかさぶたのように取れていきます。ほくろクリームは肌に塗ると傷口に薬を塗ったような痛みが出る事がありますが、痛みは一瞬です。使用方法をきちんと守れば病院や美容外科に行かずともほくろを治療する事ができます。しかしほくろクリーム自体は日本にはない薬なのでどうしても取り寄せる形になります。消費税や送料も合わせて三万円以上も掛かる事があり、アフターケアも必要になるのでさらに追加で専用ジェルも買わなければならず料金がさらに掛かってしまいます。
ほくろクリーム以外にもほくろを除去する方法としてメスによるくりぬき方法というものがあります。くりぬき法は主にメスを使った術式になります。くりぬき法は比較的料金が安くでき。ほくろを一度で綺麗に取り切る事ができます。ですが、ほくろを綺麗に取れる分皮膚が凹んだような傷跡ができやすいです。また、凹み傷が完全に治るまでは傷が少し目立ってしまいます。その他にも根の深いほくろだと凹み傷が治らない可能性が高いです。また、自分の体質によっては傷がケロイドのように盛り上がった傷跡になってしまう事もあります。この傷跡は術後から三ヶ月程凹み傷が残ってしまうので、顔のほくろ除去をする場合はその事を頭に入れておきましょう。
そうすることで、万が一、そのような反応がでても、冷静に医師へ相談する事が出来るでしょう。
このように、クリニックでほくろ治療を受ける際には、メリットや注意点などを考慮してから、最適な治療方法を選択していきましょう。また、それと合わせて、医師がどのほくろ治療法を得意としているのかをチェックしてから受診するのをお勧めします。そうすれば、納得のいく仕上がりをすることが出来るでしょう。

Copyright© 2019 新しい自分に変身【ほくろ除去で美顔に近づこう】 All Rights Reserved.