新しい自分に変身【ほくろ除去で美顔に近づこう】

看護師

クリニックの選び方

ほくろ除去で美容外科クリニックを利用する場合は、料金や症例の数や写真などがしっかりとしているか確認する必要があります。クリニックによって医者の腕や料金が違うからです。

詳しく見る

鏡を見る女性

良いクリニックとは?

美容外科クリニックはたくさんある為広告等に惑わされて契約してしまうと自分の納得のいく仕上がりにしてくれない場合があります。ほくろ除去を考えている人はしっかりとこちらの話を聞いてくれ、どんな施術方法が相応しいのか提案してくれる所が良いですよ。

詳しく見る

女性

ほくろの様々な治療法

ほくろ除去と一言で言っても様々な治療法があります。メスを使用するものもあれば、クリームを塗ることで治していくものなど様々です。ほくろの形状によって適した治療法は異なるので、それぞれの治療法について把握しておきましょう。

詳しく見る

ほくろができる理由

女性

最近メディアの情報などでエイジングケアという言葉をよく聞かれると思いますが、そのようなエイジングケアは自分にも必要なのか、お肌の年齢対策が必要な事は知っているけれども、具体的にはどのようにすればよいのかまた、何歳から何を一部が良いのか分からないという人も多いでしょう。そのため、とりあえずは美白化粧水などを扱っているけれども、その効果があるのかもう一つ実感がわかないものでしょう。ほくろができる原因には複数ありますが、まず第1の原因は紫外線です。夏以外であっても紫外線というものは1年中太陽から降り注いでおり、肌やコラーゲンなどを破壊しているのです。 2つ目の原因としては、肌の乾燥です肌の水分量というものは、加齢とともに大幅に減少してしまい例え保湿ケアしたとしても、乾燥するようになってくるのです。第4の原因として、ホルモン不足や若さの源となる成長ホルモンや女性ホルモンの分泌などが年齢とともに減少していくということです。このように、肌の老化を早めてしまう原因と言うものは生活上、どれほど気をつけていたとしても、進んでしまうのです。

ほくろができる原因は様々ですが、遺伝的な理由で増えるほくろと後から増えてくるほくろとに分かれます。ほくろとはメラニン色素というものを作るメラノサイトが細胞に変化し母斑細胞となったものを呼びます。メラニンは一般的に紫外線を浴びる事によって作り出されます。多くのメラニンは代謝が起こる事によって体の外や排出されますが、何らかの刺激を受けたり、活性化したりしてしまうとほくろになってしまうようです。ほくろは最初は小さくても過度に触って刺激を与えたり、紫外線をたくさん浴びてしまうとメラノサイトが活発になりほくろが大きくなると言われています。多くの場合は上記の理由によりほくろができてしまったり大きくなってしまいますが、例外も勿論あります。ほくろには悪性のものあるからです。何もしていなくても大きくなっていくほくろに注意が必要です。悪性のほくろは主にメラノーマと呼ばれます。メラノーマはメラノサイトが悪性へと変わり腫瘍になってしまったものを言います。ほくろの形は左右対称の形が一般的ですが、形が対照的でなかったり、色にムラがある場合は注意が必要です。また、悪性のほくろは皮膚だけじゃなく目の粘膜や口の中にもできる事があります。悪性のほくろであるメラノーマはそのままにしておくと皮膚がんになってしまう可能性が高いです。悪性ほくろになるのを防ぐには日光にあまり当たり過ぎないようにすると良いですよ。皮膚がんになる理由は日光による可能性だけではないですが、肌への影響を考えるとあまり長時間当り続けるのは避けた方が良いでしょう。悪性じゃなくてもほくろがある事によってコンプレックスを感じているという人は美容外科を利用してほくろ除去するという方法もあります。美容外科でもほくろが良性なのか悪性なのか判断してもらえるので除去を検討している人は一度美容外科を訪ねてみてはいかがでしょうか?

Copyright© 2019 新しい自分に変身【ほくろ除去で美顔に近づこう】 All Rights Reserved.